FANDOM



「縁を切って自由を得ないとダメ」
ー『ワイルド・スピード MEGA MAX


エレナ・ネベスとは、リオの警察の新人警察官。『ワイルド・スピード MEGAMAX』で初登場し、国際指名手配犯のドムたちを追ってブラジルに入国した、Diplomatic Security Service(アメリカ外交保安部)の通訳として、ホブスから直々に指名されてチームに加わる。現在はホブスの部下として、DSSロス支部に勤める。

生い立ち編集

エレナは警察官の夫を2年前に家の通りの前で射殺され、半年前に自身も警察になった。ホブスはリオの警察で唯一買収されていない警察官は彼女だけと分析している。ドムとはお互いに最愛の人を失ったもの同士、理解し合い惹かれていく。『ワイルド・スピードEURO MISSION』ではリオの警察を辞職し、大金を手にしたドムと静かな生活を送っていたが、死んだはずと思っていたドムの最愛の女性レティがヨーロッパで生きていることが判明すると、捜しにいくように後押しする。ドムと別れた後、ホブスの部下として、DSSロス支部で働く。







登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki