FANDOM



「大事なのはどこで生きるかじゃない。自分のやりたいことを自覚して、それを追うことだ」
ー『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』より


ショーン・ボズウェルとは、東京に住む17歳の高校生。
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の主人公。トゥインキー、ニーラと友人で、ハン・ソウルオーからドライビングテクニックを学び、才能を開花させた。

生い立ち編集

ショーンはアメリカのアラバマ州で生まれた。ショーンが3歳の時、母親と父親は離婚し、母親の元で育つ。
運転免許証を取得した、同日にスピード違反の切符を切られた。ストリート・カーレースでは、そのスピードで勝っていたが、レースで事故を起こし補導される。これまでにもショーンのトラブルの度に引越しを繰り返していた母親はついに愛想を尽かし、東京で暮らす別れた夫、父親の元に ショーンを送る。父親のボズウェル少佐は東京の米軍基地に勤務する軍人で、ショーンは「車には乗らない、カーレースをしない」と約束させられたが、東京で新たな友人たちと出会い、ドリフト・バトルに挑む。







登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki