FANDOM



「金は所詮儚い存在だ。1番大切なのは仲間の存在。 今、ここにいるファミリーに乾杯」,
ー『ワイルド・スピード MEGA MAX』より


ドミニク・トレットとは、はミア・トレットの兄、ジャックの叔父、レティ・オルティスの夫。ワイルド・スピードシリーズの中心人物であるドムは、天才的なドライバー。LAの街中で開催される、通称ゼロヨンレースを仕切っているカリスマ的な存在。ミアと一緒に雑貨屋兼カフェToretto's Market & Cafe を経営、また自動車修理工でもある。家族のこと、仲間である“ファミリー”を人一倍大切にし、自らの信念に基づく正義感が強い。家族の生活を支えるために、天才的なドライビングテクニックを使い、レースでの賞金を稼いだり、トラックの強奪など職業的に罪を犯していた。

生い立ち編集

ドムの父親はプロのストックカーレースのドライバーで、雑貨屋兼カフェToretto's Market & Cafeを経営。トレット一家は教会のミサに出席する敬虔な信者で、バーベーキューをすると近所の人たちにも振舞っていた。子供の頃、ドムはヴィンスの仲間と親しくなり、10歳の頃、車への共通の興味から、レティと友だちになった。 16歳までドムはレティに対してロマンチックな関心を抱いていない。ある年のシーズン最後のレースで父親が別のレーサー、ケニー・リンダに当たられ、時速120マイルで壁に激突し、亡くなってしまう。事故の一週間後にリンダに遭遇したドムは、リンダを、自分の腕が上がらなくなるほどレンチでボコボコにしてしまう。リンダはこの時負った怪我のため、レースに二度と戻ることはできなくなり、ドムはコースの出入りを生涯禁止された。リンダを襲った罪で、ロンポック連邦刑務所に送られた。

登場作品編集


テンプレート:Reflist

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki