FANDOM



「君のサンドを食べた時から結ばれてた」
ー『ワイルド・スピード SKY MISSION』より


ブライアン・オコナーとは、ミア・トレットの夫、ジャックの父親、ドムの義弟。ロス市警の元警察官であり、連邦捜査局(FBI)の元捜査官。トラック襲撃事件を追う、ドムの元へ潜入捜査官として送り込まれる。参加したゼロヨンレースでは、驚異的なドライビングの腕前を披露。ドムの人間的な魅力を知り、そして妹であるミアを本気で愛してしまったブライアンは彼を助けるために警察官の職を放棄して逃亡した為に追われる身に。ワイルド・スピード X2で前科を消すためにFBIに協力した功績が評価され、ワイルド・スピード MAXではFBI入りを果たす。しかし本作でドムに再会し、懲役刑になったドムを護送車から拐って逃走した為に、ブライアンも再び追われる身となる。

生い立ち編集

カリフォルニア州バーストーで母親に育てられた。父親についてはほとんど記憶しておらず、どんな声をしていたか、どんな顔をしていたかも覚えていない。バーストーでの子供時代にローマン・ピアースに出会い、一緒にトラブルをよく起こしていた。二人はサッカーなど、よく一緒に遊ぶ仲間だった。高校も同じだった二人は、同じ女の子とデートすることもしばしばあった。大体の場合はブライアンが興味のなくなった女の子と、ローマンが後からデートをしていた。初めて運転した、仮免の時に母親と高速道路を走った時に、前を走る車が急ブレーキをかけた為、5台の玉突き事故を起こしている。



登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki