FANDOM


ミアは、夫のブライアン、息子のジャックと共に穏やかな日々を過ごしていた。
ブライアンはミニバンに乗り換え、ジャックのスクールへ送り迎えをするも、家庭用の車にはいまいち慣れない。スリルのある日々を懐かしく思うようになっていた夫の気持ちにミアは気付いていた。

ある日、ブライアン、そして息子のジャックとドムを訪ねる。ミアは二人目の女の子を妊娠していたが、そのことがブライアンの重荷になるのではないかと心配し、打ち明けていなかった。ドムにそのことを告げると、ブライアンにとってミアはかけがえのない存在だから心配ないと慰められる。
その直後ドムの電話が鳴り、それはオーウェンの兄、デッカード・ショウからだった。「じきに俺を知る」とデッカッードが電話を切ると、東京にいるハンからの郵便物だと思った荷物が爆発し、ブライアンが身を呈して、ジャックを守った。

デッカードの報復を恐れ、ミアとジャックはドムの友人である、マンドの強固な警備が付いた要塞のような豪邸に預けられるが、ブライアンと仲間たちのことが心配で仕方がない。

LAでの最終決戦の前、ブライアンと電話で話し、二人目の女の子が妊娠中であることを告げる。お互いの胸の内を話し、二人の愛を再び確認し合った。

全てが終わり、穏やかな浜辺で、ラムジーを加えたファミリーが集合。ブライアンとミアとジャックが、波打ち際で仲睦まじくする姿を皆で見つめる。ブライアンの居場所は家庭だと誰もが感じた時、何も言わずに立ち去ろうとするドムに、ラムジーが「さよならも言わないの?」と尋ねると、「別れなんかない」と車で走り出す。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki