FANDOM



「ひとつの要素がこういう集団を束ねるの、恐怖か忠誠心。(ドムたちに)恐怖は感じないわ」
ー『ワイルド・スピード SKY MISSION


ラムジーとは、“神の目”として知られる最強の追跡装置(ハッキング装置)を作成した女性ハッカーであり、発明者。
“神の目”は、携帯や衛星、コンピューター、ATM、どこにでも侵入できる優れもの。カメラを使って、人探しも可能。10年かかった追跡も2時間で済んでしまう。つまり悪の手に渡れば、恐ろしいことになる。

生い立ち編集

ラムジーの生い立ちについては、拉致される以前のことは語られていない。
洞察力が鋭く、ドムたちのことを出会って間も無く言い当てる。ブライアンのことは元警官か軍人、格闘の訓練を受けていると。テズは技術者だから、ハッカーに同情的。ドムはボス、レティは彼の奥さん、ローマンは冗談男と見抜く。ラムジーの一般的なハッカーのイメージとかけ離れた美ぼうにローマンやテズは沸き立つ。



登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki