FANDOM



「逃すわけにはいかん、俺の主義だ。だが1日猶予をやる。金は諦めて、時間を有効に使え。どう使っても構わん。明日はまた追うからな」
ー『ワイルド・スピード MEGA MAX

ルーク・ホブスとは、 Diplomatic Security Service(アメリカ外交保安部)の捜査官、特別捜査班のトップで、ロス支部に勤める。FBIも外国で犯罪者を追うときには頼むというほどの敏腕。『ワイルド・スピード MEGAMAX』で初登場し、国際指名手配犯のドムたちを追ってブラジルに入国する。その屈強な肉体の通り、ドムと互角以上の勝負を繰り広げる。しかし実戦能力ばかり優れているのではなく、情報収集、分析力も高い。悪徳実業家レイエスにホブスは部下を殺され、危機に陥ったところをドムの仲間に救われる。そのレイエスと癒着したブラジル警察の腐敗を知ったホブスは、罪を犯してはいるが筋のあるドムたちが逃げ延びるために猶予を与えるなど、人情派の一面も持つ。以降のシリーズではドムたちファミリーと協力関係を結ぶようになる。

生い立ち編集

ホブスの生い立ちについては、ドムとファミリーを追ってリオにやってくる以前のことは語られていない。『ワイルド・スピード SKY MISSION』では、サマンサという娘がいることが明らかに。デッカード・ショウの急襲により重傷を負い入院した際に、父親を見舞いに登場する。ホブスはサマンサにドムを「一度ボコった」と紹介している。


登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki